金沙投注体育_线上游戏官网~

图片

東北学院大学

研究活動上の不正行為防止への取組

東北学院大学では、研究活動上の不正行為に対して厳しい姿勢で臨み、本学において学術研究に携わる者及びこれを支援する者による研究活動上の不正行為を未然に防止するため、体制や関係規程等を整備し、公正な研究活動の推進に取組んでいます。

1. 基本方針

2. 行動規範

3. 責任体制

4. 責任者の役割

1) 最高管理責任者
本学における研究活動上の不正行為防止に係る基本方針を策定し、その実施に必要な措置を講じる。併せて、研究費の使用に関して、不正を誘発する要因を除去し、十分な抑止機能を備えた環境?体制の構築を図るとともに最終的な責任を負う。
2) 統括管理責任者
最高管理責任者を補佐し、最高管理責任者が策定の基本方針に基づき、全体の具体的な対策を策定?実施し、実施状況を確認する。併せて、本学における研究費の管理?運用について統括する。
3) コンプライアンス推進責任者
統括管理責任者の指示の下で、以下の対応策を実施する。
  1. ①各部局における対策を実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を統括管理責任者に報告する。
  2. ②不正防止を図るため、部局内の研究費の管理?運用に関わる全ての研究従事者等に対し、コンプライアンス教育を実施し、受講状況を管理監督する。
  3. ③各部局の研究従事者等が、適切に研究費の管理?執行を行っているか等をモニタリングし、必要に応じて改善を指導する。併せて、研究費の管理?執行の管理監督について責任と権限を持つ。
4) 研究倫理教育責任者
各学部等における研究活動の不正又は不適切な行為に対応する研究倫理教育について責任と権限を持ち、定期的に研究倫理教育を実施し、研究者倫理に関する知識を定着、更新させる。併せて研究データの保存?開示について管理責任を持つ。
5) コンプライアンス推進副責任者
コンプライアンス推進責任者及び研究倫理教育責任者を補佐し、各学科、各専攻及び各研究所等において実施する、コンプライアンス教育及び研究倫理教育並びに研究不正行為防止対策の実効的な管理監督を行い、研究活動における不正行為防止対策の実効的な管理監督について責任及び権限を持つ。
6) 事務管理責任者
  1. ①研究費の管理?運用に関する事務の実質的責任及び権限を持つ。また、コンプライアンス推進責任者が実施するモニタリング等の不正行為防止対策を補佐する。
  2. ②コンプライアンス推進副責任者を兼ねて、コンプライアンス推進責任者を補佐し、事務部門において実施するコンプライアンス教育及び研究不正行為防止対策の実効的な管理監督を行う。
7) 事務担当責任者
事務管理責任者を補佐し、研究費の管理?運用の事務処理に直接携わり、研究費の使用に関するルール等について、学内外からの相談の窓口となる。また、研究活動上の不正行為に関する通報の窓口となる。

5. 不正防止対応組織

1) 研究不正防止推進委員会
公正な研究活動を遂行するための行動規範及び研究活動に係る不正防止計画を立案し、研究活動上の不正行為防止の推進により研究者の研究環境の改善を図ることを目的として設置する。
2) 競争的資金等内部監査委員会
競争的資金等内部監査委員会は、競争的資金等の使用状況を監査することを目的として、最高管理責任者直属に設置する。
3) 予備調査委員会
研究活動上の不正行為に関する通報等に基づき、通報された事案が行われた可能性、通報の際に提出された科学的理由の論理性、通報内容の本調査における調査可能性、その他必要と認める事項について予備調査を行うことを目的として設置する。
4) 調査委員会
予備調査委員会からの報告及び意見に基づき、本調査による調査が必要であると認める場合、不正の有無、不正の内容、不正に関与した者及びその関与の程度、不正使用の相当額等について事実の確認及び認定を行うことを目的として設置する。

6. 研究活動上の不正行為防止に関する規程等

7. コンプライアンス教育及び研究倫理教育の実施

コンプライアンス教育及び研究倫理教育の実施に関しては、主に次の2つの教材を活用し、研究活動上の不正行為防止?対応マニュアルの「3. コンプライアンス教育?研究倫理教育の実施計画」により実施する。

  1. 研究活動上の不正行為防止?対応マニュアル(第Ⅲ版:2020年3月) (PDF:975KB)
  2. 日本学術振興会:「研究公正 ~Research Integrity~」

研究倫理教材「科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-」のテキスト版及びeラーニング[el CoRE]のサイトにリンクしています。また、どちらにも日本語版と英語版が用意されています。

8. 相談窓口及び通報窓口

相談窓口及び通報窓口 (PDF:78KB)

1) 相談窓口
資金管理上の不正行為を事前に防止するため、研究費の使用に関するルール等についての相談窓口です。
2) 通報窓口
研究活動上の不正行為(不正行為が行われようとしている、あるいは不正行為を求められている場合を含む)に関する通報窓口です。

9. 参考資料